最近の出来事

 

         2016.1.22     講演会「味覚・嗅覚研究への提言」 慶應大学 来往舎 慶應大の長井孝紀先生のお世話で、味覚・嗅覚に関する講演会が開かれました。演者は講演順に、中村、高知大の椛秀人先生、東京医科歯科大の杉本久美子先生、そして長井孝紀先生。司会は元都神経研の市川眞澄先生と畿央大学の山本隆先生がしてくださいました。講演会の趣旨は表にでてはいませんが、3月に定年を迎える4人が、これまでの研究の経緯やその時々の思いを語り、今後の研究展開に役立ててもらおうというような感じでした。中村の講演「視覚から始めた嗅覚・味覚研究」は、3月に予定されている最終講義のショートバージョンのような感じになってしまったかもしれません。中村の話はともかく、会は研究だけの話ではなく、いろいろな研究にまつわるお話も聞けて、楽しめたのではないでしょうか。

         2015.11.22      中村研同窓会。調布祭の最中に市内で同窓会を開きました。今年は中村の現役最後の会というので、遠くからも参加してくれた人達があり、総勢30人となりました。メールアドレスが古くて連絡が届かなかった人も多かったのが残念でした。同じ研究室に居た者同士、この先も連絡をとりあって仲良くやってもらえると嬉しいですね。

           自己紹介中 

           集合写真  (集合写真はクリック〔パスワード(昔のkaeruのモノ+数字)必要〕で高解像度でみられます。)

         2015.11.8   京大七田先生のお世話で、恩師吉澤透先生の米寿を祝ってミニシンポジウム「動物生理現象の分子論的研究」が開かれました。講演はオクラホマ大の松本先生、阪大を3月に退職された河村先生、中村、それに七田先生という構成。吉澤先生ご夫妻の他、前田先生や徳永先生ご夫妻、堀内先生ご夫妻を始め、多数の研究者が出席して盛会でした。シンポジウム終了後、会場を変えての吉澤先生の米寿を祝う会では参加者一人一人が立ってお祝いの言葉を述べ、楽しいひと時となりました。会の終わり近く、吉澤先生からご挨拶がありましたが、最近の事件から研究指導のあり方について語られ、現役のころと少しも変わらぬお元気さに圧倒されました。あやかりたいものです。

         2015.9.16-19   動物学会(新潟)。 スタッフ2人ででかけました。仲村さんと神戸大尾崎先生のオーガナイズでシンポジウム「ショウジョウバエと非モデル昆虫との相違点―化学受容、概日時計、記憶学習をテーマとして―」が開催されました。中村は「昆虫における苦味と甘味の対立的受容」という講演をさせてもらいました。

         2015.7.4-5   恒例の合宿ゼミナール (遠足) を敢行しました。今年は前田君のアレンジで、調布市営の八ヶ岳青少年自然の家に一泊し、一日目は体育館でバスケット、夜はセミナーと飲み会(途中から話題の人狼ゲームとなり、かなり遅くまで続いた模様・・・・)。二日目は清里高原の観光(温泉つき)に充実した2日間を過ごしました。清里高原内の移動には徒歩主体ということになり、「足が痛くなってきた・・・・」という人も。南方の台風の影響で全国的に豪雨が心配されていましたが、ほんの時々パラツキがある程度で過ごしやすい2日間でした。むしろ7月とは思えないほど気温が低く(東京でもそうだったとのこと)歩くには好都合だったのですが。

    

         2015. 5. 19  随分長い間、アップデートをさぼってしまいました。気がつけば新年度に入ってから既に2か月近く経っています。これでは「最近の出来事」とは言えませんが。2014年7月から本日までの出来事を一応書いておきます。書ききれていないだろうと思いますが。

         2015.4.14  本日より研究室ゼミを開始。夕方より新人歓迎会。今年度は修士3人とスタッフ2人に対し、新人学生は卒研生のみで中村研4人、仲村研2人ということになった。卒研生は就職志望の学生が大半です。中に1人だけ進学希望がいますが、来年4月にはどこか別の研究室へと変わることを覚悟の上でやってきた強者です。虫の実験というのが志望動機のようですが・・・・期待できるかな?とりあえずやりたいことを頑張りましょう。

         2015.4.1いよいよ2015年度の始まりです。中村にとっては今年度が定年最後の年度です。研究はまだ道半ばだけど、何とか一区切りをつけたいと思います。


**************************** 2015年度 *******************************

l  2015.3.31   2014年度の最後の日。実験補助のMさんはこの日で退職です。お疲れ様でした。

l  2015.3.27   2年前に修士学位を得て、今は外資系のさる会社に勤める弘重君が会社の人事課の人と来訪。会社説明会を設けてもらっていたのでした。フランスへの出張も当たり前にこなしているとか、活躍の様子でした。

l  2015.3.25    卒業式。 予定通りに全員無事巣立ちました。よかったね。

l  2015.3.20    阪大にて倉橋隆先生主催の国際シンポジウム。一応invited talkをおこなったのですが、立ち上がりでパソコンが思ったように動かないことに気がつき愕然。準備不足でしたね。焦りに焦りました。talkはしどろもどろというか、かなり酷いことになってしまいました。最後のほうは少し立ち直ったつもりですが、やはりちょっと恥ずかしい。倉橋先生以外の発表者は、竹内裕子、King-Wai Yau, Rong-Chi Huan, Tsung-Yu Chen, Yiannis Koutalos, 坂野仁, 森憲作、櫻井啓輔、七田芳則、河村悟、中島則行(順不同、敬称略)のそうそうたるみなさんでした。

l  2015.3.16-4.1   室蘭工大、岩佐研の李君、在外研究として滞在。EOG記録の実際、RNA抽出、などなどをしてもらいました。

l  2015.3.5   最終ゼミ。その後追いコン。「厨ぼうず」にて

l  2015.2.17  第4コース卒研発表会。日頃おしゃべりな彼が、あがったり、思わぬ居直りのような受け答えが受けたり、まあ色々でしたが、ともあれ無事終了。森君は発表優秀賞をもらえることになりました。

l  2015.2.13  山崎さん卒研発表会。2.7の発表会に出られなかった山崎さんのための単独発表会。無事終了しました。

l  2015.2.7     K過程卒研(S学科配属分)発表会。山崎さんはお父さんの緊急入院・手術のため出てこられず。別の日に時間を設けることになった。

l  2,015.2.3-4   ISの修論発表会 森田が発表。発表自体は悪くなかったけれど、質問者から「生理的な実験で思ったような実験結果がでなかったから、免疫染色の実験をしたのですね?」と言われたのが、何か悪い印象を生んだようだった。質問者からは、駄目だと言ったのではないと、わざわざ追加発言をしてくれましたが。それでも免疫染色の実験だけを出すか、最初に出すかとすれば、もっと良い印象になったのではないか。ちょっと油断してしまったと思います。

l  2014.12.18    ゼミの後、大掃除、そして忘年会:「えんや」 地下のお店です。

l  2014.10.2-4  日本味と匂学会 静岡。スタッフ2人で出席。一般発表と、中村は閉会後の科研費尾崎グループの会合でも発表。

l  2014. 7. 2  この数日間,ホームページが全体に壊れてしまっていましたが,本日やっと半分ほど直しました。バックアップもかなり壊れたりして,しばらくぶりに大きな補修でした。まだ元通りにはなってませんが・・・

l  2014. 6. 28~29  研究室合宿ゼミ 今回は草津セミナーハウスに一泊ででかけました。管理人の楳澤さんが大変良くしてくださいました。写真は後程アップします。

l  2014.4.14  6階のリフレッシュコーナーで新人歓迎会。月曜だけれど第一回のゼミと大掃除の後ということで、やりました。 途中から、OBの斎藤、櫻井、瀬戸の3氏が顔を見せてくれました。

l  2014.43 花見・・・・のはずでした。任意参加で雨だったためか、全員出席とはなりませんでしたが、夕方から屋内で飲み会。OBの櫻井も会社帰りによってくれました。

l  20144.1 新年度です。今年度の卒研生は菅沼、宮城、森、酒井。仲村研の牟田と松中、それにK課程より山崎が配属された。院生は滝田、前田の新M1と山川、森田のM2、となります。そのほか、今年度は共同研究で2人の女子学生が出入りする予定。

**************************** 2014年度 *******************************

l  2014.3.24 卒業式。 

l  20143.17 S学科第4コース 卒研発表会 生体系と化学系とはミックスのまま2会場で開かれました。

l  2014.312 S専攻第4コース 修論発表会 斎藤は頑張りました。 

l  2013.9.25-28 日本動物学会 (岡山)。中村、仲村、斎藤、森田が出席。発表3件。

l  2013.9.5-7 日本味と匂学会 (仙台)。 中村が参加と発表。 新学術領域「生物規範工学」のサブグループ会議。ここでも口頭発表。

l  201377.1-3 新学術領域「生物規範工学」の全体会議(仙台)。 進捗状況について口頭発表。科研費の予算執行は201211月からだったが、もう中間評価への対策が話し合われた。

l  20134.6-9.1 稲城市(調布のお隣)の市民講座で 月に一回のペースで6か月間、いなぎプロフェッサー講座を担当。タイトルは「味覚と香りの神経科学」。「市民講座でこのレベルの講義が聞けたのは嬉しかった。」との感想があったとのこと。総合的にはまずまず高評価ではなかったか。

l  2013.6.15,16 研究室遠足 今年は菅平セミナーハウスにでかけました。OBの桜井もバイクで参加してくれました。1日目はバーベキューと温泉の後、ゼミを敢行。少しアルコール入りで勉強したわけですが、予定を大幅にオーバーして深夜まで盛り上がったというか、すごく勉強をしてしまいました。みんな、もともと勉強好きなんだと思う。2日目は周辺の観光をして帰ってきました。宿舎の周りとか途中とかカッコウの声が響き渡っていて、今まであまり意識したこともなかったのですが、昔の和歌なんかによくでてくる理由がちょっとわかるというか、なかなかスガスガシイものなんだと知りました。

   

l  20013.4.23 研究室の新人歓迎会。今年の新人卒研生は磯辺と滝田の2人。M1新人は山川と卒研からスライドの森田の2人。

l  201344 入学式 今年から先進理工学科の一期生が卒研に入る。しかしこの研究室に来る予定だった一人は、進級できなかったとのこと。今年のメンバーはスタッフのほかは、M2が一人、M1が二人、卒研生が二人となりました。

**************************** 2013年度 *******************************

2012年度はS専攻・学科長を務めました。これは予想以上にハードな仕事で、気がついたらこのHPの更新は丸々一年間手をつけていませんでしたし、研究発表などもかなりサボった実感があります。以前に学科長を務めたときは、学科は7つもあったし、専攻長は別の先生が担当しておられた。教授会は准教授以上が出席していたのに、今は代議員制で、専攻長の出席は非常に重要となっている。何しろ改組が行われて3年目で、いろんな取り決めが未整備なままになっていた。取り決めがあってもどの先生もなれないことばかりで、私など特に右往左往の状態でした。専攻長としては取りまとめを第一にしてきたつもりですが、なかなか全員の満足する解というものはなくて、迷うことも多い一年でした。どうにかこうにか終えられて、ほっとしています。

l  2012. 11  新しい研究補助員さんが着任。イモリリポカリンの実験をしていただくことになりました。

l  20126 今年度スタートの、科研費の新領域「生物規範工学」の「生物多様性を規範とする革新的材料技術」の班員にしていただいた。

l  20126307.1 恒例の遠足。今年は何年ぶりかで藤沢にある電通大浜見寮でした。江ノ島観光、勉強会、飲み会、鎌倉観光と、忙しい2日間でした。

   

l  2012.4. 23  研究室の新人歓迎会。 今年の卒研生は大澤、小宮、森田、窪、栗原の5人。院生M1は卒研からスライドの斎藤1人のみ。それぞれ個性的な顔ぶれです。卒研生は、いつもより電気生理に興味を持つ人が多い。

l  2012.4.5 入学式。学部と大学院と2回も講堂の檀上に上げられてしもうた。立ってぺこりをするだけですが。その後、やはり学科や専攻に帰ってのガイダンスでそれぞれ短い歓迎の辞をしゃべった。

 

**************************** 2012年度 *******************************

l  2012.3.23  卒業式 M25人+1人(休学してたのが復帰し)卒業。卒研生のうち3人が卒業。うち1人は先進理工学専攻に、もう1人はIS研究科の他専攻に進学。一挙に8人がいなくなってしまった。ン?数字が合わない?・・かも。

l  2011.6.11-12   遠足  恒例の初夏の遠足で,今年は清里高原に行きました。宿は調布市の青少年自然の家でしたが,温泉に入った後の夕食は少し離れたところにあるキャンプ場でバーベキューを敢行。ものすごい量の肉を消費したのではないでしょうか?その後に勉強会。青少年自然の家の学習室(?)で長谷川,田島,小山,櫻井が発表をしてくれました。翌日はウシの乳搾りやバター作りができる「清里牧場の見学」と「サクランボ狩り」でした。ただ中村は夕方用事があり一足先に帰ったのでした。今回の盛り沢山な行程を計画してくれた幹事の弘重君には皆,感謝。

説明: 2011清里.jpg

l  2011.4.25     新歓  学内某所にて。今年の卒研生は阿部,岡崎,小川,齋藤と全員男性です。修士は弘重と櫻井の2名。櫻井は物理出身ですが料理が趣味とかで,さっそく新歓の料理もかなり彼の腕が振るわれたとか・・・・・。震災の影響で明るい話題が乏しいように思いますが,面白い研究室を目指しやっていきたいと思います。

説明: 201104新歓

l  2011.4.5   入学式  震災後の何かが変わってしまった中での新学期です。本年度は私が副専攻長ということで新入生のガイダンスの司会をやりました。質問の時間になって,とりやめになった新入生合宿の費用は返却してもらえるのかという学生があり,震災の年らしい話ではありました。

 

**************************** 2011年度 *******************************

l  2011.3.24  卒業式  震災の直後でもあり,どうするべきか悩ましい話だったのではないかと思いますが,本学では可能なものはできるだけいつも通りに行うという決心があるようです。卒業式は無事挙行されました。

l  2011.03.22  追い出しコンパ  今年は追い出される院生は一人,卒研生は4人でした。卒研生のうち3人が進学でしたが内2人は他大学。喜ばしくもあるが,・・・・複雑な心境です。1年間研究室に出入りしてもらっていた宮澤さんも本来の所属大学で無事卒業を果たし,ここでの研究はとりあえずお終いということになりました。

 説明: 201103OIDASHI

l  2011.3.11   東日本大震災の日。   東京では震度5だったそうですが,研究室のある6階では大きく揺れて感じられました。生まれて初めて真剣に机の下にもぐりこんで,揺れの収まるのをまったのですがその長かったこと。5分以上だったと思いますが,こんなに長く揺れたのも生まれて初めてのことでした。ついその十日ほど前に研究室の本棚や薬品庫などの固定補強をしてもらったばかりだったのが,まるでこの日を予期していたようなことになり,大きなものが倒れたりすることはありませんでした。棚の上の本やらノートやらが床一面に広がるし,液体の入った瓶も少し割れましたが,危険なものが割れたりすることもなく,研究上でこまるような被害には至りませんでした。その後に知った東北の惨事に比べればまったく問題にならないことだったのでした・・・・・。あらためて東北の被害を受けられた方々にお見舞いを申し上げたいと思います。

l  2010.12.20  忘年会 大掃除の後、キャンパス近くのお店で忘年会が開かれました。風邪などで出席できない人もいましたが、OGの参加もありました。

l  2010.11.20(夜) 研究室同窓会 今年はかなり本格的な研究室の同窓会を、田島が幹事になって敢行しました。本人が知らぬまに中村の還暦祝いも兼ねるということになったらしく、その為駆けつけてくれた人もいたようです。なかなかの盛会でした。ただ、メールアドレスが変わってしまっていて、連絡が届かなかった人が大勢いました。この記事を見た人はどうぞ中村までご連絡ください。また、同学年などで交流のある同窓生には声をかけて、一度中村まで連絡を、と伝言をお願いします。あるいはご存知のアドレスを中村まで教えてくれても良いのですが・・・

説明: PB200009b.JPG ⇒同窓会の写真(パスワードが必要:中村までお問い合わせください。)

l  2010.11.20(昼) 研究室公開 調布祭に合わせて開かれるオープンキャンパスの一環として研究室公開を行いました。お客さんは例年になく多く、常にどなたかが見学中という半日でした。公開実験を担当してくれた学生さん達、お疲れ様でした。

l  2010.9.23-25 日本動物学会(東大、駒場)。瀬戸、鈴木、仲村が発表。瀬戸は卒研より続けてきた研究の中間報告というところですが、全国大会デビューとなりました。

l  2010.7.17-19 日本比較生理生化学会(九州産業大学)。鈴木と仲村が発表。鈴木は初日の午後本会議場で開かれた若手ワークショップに4人の講演者の一人に選ばれて、約20分の講演をしました。この勢いで頑張ってほしいと思います。

l  2010.6.5-6: 合宿ゼミ。 新学期が始まって、はや2カ月が経ちました。今年の合宿ゼミは新潟大学の石打研修所をお借りして、一泊ででかけました。ゼミは佐久間と弘重が、がんばりました。いろんな発言でもりあがり、予定時間を大幅に超えてしまいました。学外でのゼミは盛り上がります。夜は近くの温泉に出かけた後、宿舎で飲み会。宿舎の規律は厳しかったが、皆楽しんだと思います。世話役の長谷川に感謝。

 説明: DSCN3750.JPGゼミ:これからしゃべります   説明: IMG_0049.jpgお釜でご飯     説明: RIMG1299.JPG集合写真もとりました

l  2010.4.7: 新歓コンパ。近来にない速攻のセッティングでした。ビル内のリフレッシュコーナーで開催。今年はF科の卒研生4人とISのM1が5人が新人のはずだったのですが、E科から他学科履修で来た1人と他大学所属の人がここで実験をすることになり、全部で11人が新人ということになりました。頑張りましょう。

l  2010.4.5: 入学式 この日から新学科になります。ただしうちの研究室の学生さんはみな今まで通りの学科・専攻所属です。

**************************** 2010年度 *******************************

 

l  2010.3.17: 追い出しコンパ。今年は追い出される人が4年生2人、修士4人でした。この不況の中それぞれの道で頑張ってほしいものです。

説明: 2010.3.17.JPG 

l  2010.3.13: 動物学会関東支部会(筑波大)で、瀬戸、米本の2人がそれぞれ卒研と修論の一部を発表。

l  2010.2.18-19:F学科卒論発表会。瀬戸、土井、長谷川の3人が発表。なかなかインパクトのある発表でした。これからが楽しみ・・・・

l  2010.2.12: F専攻修論発表会。野海が発表。いろいろあって、一時はどうなるかと思われましたが、どうにかまにあった・・・・良かったね・・・・・・。

l  2010.2.2-3: MS専攻修論発表会。牛嶋、米本、魯の3人が発表。まあまあの発表ではなかったかと思います。

l  2009.12.21: 今年最後のゼミの後、大掃除。夕方は研究室忘年会。西調布のとある居酒屋にいきました。

説明: P1050335a.JPG説明: P1050331a.JPG

l  2009.10.22-24: 比較生理生化学会(大阪)で、仲村と鈴木が最近の昆虫の摂食関係の成果を発表しました。

l  20099.30:  9月期学位授与式。すでに単位取得して、社会人となっている欧陽琴氏が課程博士として学位を取得しました。午前中の授与式の後、お祝の昼食会をしました。ともかくオメデトウ!よく、がんばりました。説明: ouyang_dr.jpg

l  2009.9.17-19: 動物学会(静岡)に中村と仲村が参加。今回は発表を申し込んでいませんでしたが、寺北先生と吉川さんがそれぞれ受賞されたので、近いこともあり、お祝を兼ねて出席しました。学会の中では、寿命のシンポジウムが非常に面白く聴かせてもらいました。

l  20099.2-4: 味と匂学会(旭川)に出席。野海が室蘭工大岩佐研との共同研究を発表。岩佐先生とはいろいろお話ができました。共同研究はまだまだ続きます。

l  2009.8: 大学院の入試が続きました。当研究室は電気通信(EC)と情報システム(IS)の2研究科の学生さんを引き受けていますので、長丁場の入試です。今回は電通大出身者3名、学外2名が、当研究室に来てくれることになりました。(IS一般入試合格者の研究室配属決定は入学後ですが。)

l  2009.7.14: 欧陽さん博士学位論文公聴会。今回はすべて日本語で頑張りました。審査員の先生方から高い評価をもらいました。

l  2009.620,21: 研究室学外セミナー。筑波大学の運営する山中共同研修所に一泊2日の日程で、でかけました。今回はサイエンスライター白鳥敬氏に参加していただき、講演やプレゼンの極意について講演をしていただきました。また研究室からは竹内君、村吉君が、日頃の研究からは少し離れたテーマでプレゼンをしてくれました。その後は恒例の飲み会。2日目は雨模様で、山中湖の観光があまりできなかったのは残念でしたが・・・。説明: yamanaka09.JPG

l  2009.4.13: ラボ新歓を駅近くの飲み屋で。今年の学生さんは大学院を入れて全部で12人・・・・かな?説明: shinkan09.JPG

l  2009.4.2: MS専攻中間発表会。牛嶋、竹内、米本、魯の4人が短いトークとポスターで発表しました。後から他の先生方からお話を聞くと、必ずしも生体情報に詳しくない人にアピールする工夫がもうひと踏ん張り必要だったかと、思うところもありました。

**************************** 2009年度 *******************************

 

l  2009.3.24: 卒業式。鈴木は目黒会より表彰され、賞状と盾をもらいました。でも、研究はこれから本番だよ!説明: RIMG0067sotugyosiki.JPG

l  2009.3.20: 埼玉大学で、動物学会関東支部会。野海が室蘭工大との共同研究について途中経過を発表。(写真は三郷在住カエル捕り名人大内一夫氏と)

説明: P1040495a.JPG

l  2009.3.19: かつてのポスドクだった村田芳博氏(九大・二ノ宮研:4月から高知大・椛研に移籍)が別件で上京。九大での仕事についてセミナーをしてもらいました。

l  2009.3.2 追いコン 3月に入ってからだったからか、旅行に行ってしまった人もいて・・・ちょっと少ない。説明: RIMG0506b.JPG

l  2009.2.16,17: 卒研発表会。村松、中里、村吉、竹田の4人が発表。それぞれよく頑張りました。

l  2009.2.5,6: MS専攻修論発表会。鈴木の発表は高評価を得て、目黒会の表彰に推薦されました。

**************************** 2008年度 *******************************

l  2008.12.22: 忘年会。駅近くの飲み屋で。

l  2008.9.25: 欧陽、谷口追いだしコンパ 2人とも9月期に修了ということになりました。欧陽はこれから博士号をとります

説明: P1040162a.JPG

l  2008.5.10: 春の遠足。お台場に行ってみたいという人がいました・・・・・

説明: 080510 遠足a.JPG

l  2008.4.16: 新歓。駅近くの飲み屋で。

説明: aDSCN3037.JPG

l  2008.3.22: 動物学会関東支部会。欧陽、鈴木、米本が発表

説明: P1030410a.JPG説明: P1030409a.JPG説明: P1030408a.JPG 

l  2008.3.24: 卒業式。

l  2008.2.29: 追いコン。 この日、うれしいことにOB5人も顔を出してくれました。

説明: DSCN2873a.JPG

l  2008.2.18-19: 卒研発表会。牛嶋、野海、米本、菅原がそれぞれ発表。

l  2008.2.14: EC修論発表会。加藤(彰)、村上が発表

**************************** 2007年度 *******************************

l        1227日:あっという間に今年もあと数日。かろうじて先日HPのトップページを書き換え、フレームを使ってみたところ、評判は悪くないらしい。もっと更新しなくてはいかんことはわかるのだが・・・・

l        1221-23日:横浜で生物物理学会。最近この学会に出ていなかった。化学感覚の発表があまり多くないからである。今回は近いということと共同研究者が連名で発表してくれたので、顔を出したのだ。懐かしい人達とも会って良い時間を過ごせたと思う。

l        1220日:今年最後のゼミ、大掃除。夕方から忘年会。以前からその名を聞いていた飲み屋さんで。料理は美味しくてボリュームもあり、大変よろしうございました。

l        1116日:狩野研・白川研・三瓶研と合同ボーリング大会。中村にとってはいったい何年ぶりだったのだろう。100点くらいは出ないかと思ってたのが、100を少し切ってしまった。寄る年波には・・・。いやもともとそんなもん?しかし白川先生が一位とは!学生諸君よ、もっと頑張れ。

l        112-3日:九大での国際味覚嗅覚シンポジウムに中村はディスカッサンタントとして参加。モタモタしていて発表側に回りそこなったのだった。

l        929日:調布市花火大会。夕方、研究室で河原に出かけました。今年は参院選とぶつかったため、今ごろになって花火大会だ。以前にも雨で順延して秋まで延びたことがあったが。

l        920-22日:弘前大学で動物学会。中村が昆虫苦味細胞の電気生理について口演した。シンポジウムの一つで感覚神経の特集があり、これはなかなか聞きごたえがありました。

l        726-28日:江戸川近くの船堀というところで味と匂学会。欧陽さんが昆虫味細胞の話を発表。

l        512-13日:研究室で鎌倉に遠足。今回のメインは湘南海岸沿いのサイクリングでした。天気もよく爽快でした。TVの紹介があったのか、生のチリメンジャコの丼が流行ってました。

l        323日:卒業式。学部生とM2生は晴れて卒業。宮本は目黒会賞を受賞。彼の仕事はまだ論文になっていないが今一番論文に近いところにある(はず)。

l        2月15日 F専攻の修論発表会。岡田の発表。

l        21920日 F学部卒研発表会。勝沼、松田、鈴木、渡邊が発表。

l        2月5,6日 ISの修論発表会。佐藤、宮本が発表。

l        2007/01/05 また半年更新をサボってしまいました。昨年は超大型プロジェクト後の疲れ(?)が残る年でした。外部資金も一挙に小型になりましたが、ひとまずこれでがんばれたらと思います。

 

l        2006/11/23-24 モネル研の Graeme Lowe博士が来訪。   横浜での仕事のついでに訪問してくれた。本当は22日夕方にセミナーをしてもらうのが一番でしたが、この日は昼間は学生実習、夕方は夜間主の講義があり、止むを得ず24日朝にセミナーをしてもらいました。金曜日、連休のど真ん中の午前中ということで外部からの聴講者は少なかったのですが。本人はジェネラルな嗅覚の話をすると強調していたのに、実際は相当に専門的な話でした。嗅球での情報処理について最先端の内容をまとめた話は、少なくとも私(中村)には大変有意義な講義でした。 [写真]

l        2006/08/24  2006年度の重大ニュース! 仲村さんの独身生活もついに終わりを迎えました。奥様はまだアメリカでポスドク中ですが、近々正式に帰国される予定です。今回の一時帰国では時間のない中を、この日、我々のラボにもよってもらえました。[写真]

l        2006/07/24 以下の数行は 年度にまたがっておきたことの羅列。    生研機構のプロジェクトが終わりました。なんだか苦労の多いプロジェクトで成果をまとめるにいたらないものがいくつか残ってしまいました。ただ逆に今後展開すべきネタがいくつか手に残ったとも言えます。プロジェクトが終わったらサッサと昆虫研究を中止するというテもありえますが、そうはできないでしょう。

l  2006/7/23  調布花火大会[写真]

 

l  2006/7/27-28 春の研究室遠足:電通大の電波天文台(菅平)に一泊旅行。[写真]

**************************** 2006年度 *******************************

l  2006/2/16 卒研打ち上げ、3/24 卒業式 [写真]

l  2006/3/11追い出しコンパ(生研機構中村グループ打ち上げ)[写真]

l      2006/02/03  WEBサーバーをうつそうとしています。来週まで持ち越すだろうと思われます。

l      2005/10/6-8 76回日本動物学会 つくば大会 中村,岡野,村田,後藤が参加。現地で帝京大菅原美子先生が急逝されたとの報に接しました。つい先日比較生理生化学会で論文賞の選定作業をご一緒させていただいたところでした・・・・。ご冥福を祈ります。

l      2005/8/4-6 27回日本比較生理生化学会 を電通大講堂で開催しました。まずまず好評だったのではないでしょうか。[写真]

l      2005/7/23 調布花火大会 今年も研究室で多摩川河川敷まででかけました。

l      2005/5/20-21 ラボ遠足(セミナー旅行)で清里高原にでかけました。[写真]

**************************** 2005年度 *******************************

l      2005/3/31 1年間の学科長はこの日でおしまい。やれやれ,大過なく終わることができて・・・・・と書きたいところですが,法人化に絡んでのいろんなことが次々と起き,右往左往させられた一年でした。しかしこれからさらに厳しいことになっていきそうです。

l      2005/3/24 卒業式。 学科で卒業証書を渡す役割。一言お祝いを言ったわけだが,さて気持ちが届いただろうか?

l      2005/3/7 追い出しコンパ[写真]

l      2004/7/29-31 第26回日本比較生理生化学会 神戸大学 中村、仲村、岡野、村田 参加 来年度は電通大で開催することが公告されました。

l      2004/7/25 調布花火大会 日曜日の午後から席とりをしてくれました。卒業した人も何人か来てくれました。[写真]

l      2004/7/10-11 サテライトシンポジウム(一応、オーガナイザーとして・・・・・・・) 中村、村田、後藤で参加

l      2004/7.5-9  ISOT(京都) 中村、村田、岡野 参加 [写真]

l      2004/4/9 ラボ新人歓迎会[写真]

l      2004/4/7 入学式 

l      2004/4/.5 IS中間発表 戸部田、瀬戸の発表。[写真]

l      2004/4/1 法人化最初の日。新しいポスドク後藤君着任。中村は今日より1年間学科長だが、なにかとんでもないポカをしそうで怖い。

**************************** 2004年度 *******************************

(これ以前の写真はスペースの関係上,削除しました。)

l        2004/3/24 卒業式  夜残ってた人だけで突発的に飲み会へ

l        2004/2/.19-20 学科卒業研究発表会 奥、曽野部、竹田の発表。それぞれ立派でした。この夜追い出しコンパ。

l        2004/2/5-6 IS修論発表会 登、益子、夏の発表。取り分け益子の発表は高く評価され、終了後の判定会議で目黒会賞に推薦されました。

l        2003/12/18 研究室忘年会

l        2003/11/7-14 New Orleans で開催されたNeuroscience Meeting に中村、村田、佐藤で出席。3題の発表をしました。

l        2003/10/28  虎ノ門マリンビル 生研機構生研センターでの中間審査。 尾崎・中村・朝岡・加藤でプレゼン。 (継続・減額という予想でしたが・・・・・・・)

l        2003/9/24-26 岡山で開催された味と匂学会に中村、仲村、夏、村田、益子、戸部田が出席。研究室の関わった発表は4題でした。

l        2003/9/16-20 函館で開催された動物学会に中村、仲村、岡野が出席。研究室の関わった発表は2題でした。

l        2003/7/18-20 仙台で開催された比較生理生化学会に参加してきました。今回は東北大の嶋田先生主催の昆虫味覚のシンポジウムが我々にとっては目玉でした。村田、益子の2名が各々発表をしました。

l        2003/4: 新年度です。新しい人を向かえて違ったこともやっていけそうです。

**************************** 2003年度 *******************************

l        2003/3: 恒例の追い出しコンパを市内のお店で開きました。2次会はカラオケにいきました。

l        2003/3: 昨年に続き狩野研、長澤研と合同でスキー旅行にでかけました。2泊3日で菅平宇宙電波観測所の宿泊施設を使わせてもらいました。今年は3月というのに大量の雪があり、まだまだ降り続いていました。この時期、結構忙しいのですが、恒例の行事にしていけたらと思います。スキーそのものの人気はかなり低くなっており、並ばなくてもどんどん滑れるのはありがたいような悲しいような、複雑なものがあります。

l        2003/2: 以前から研究室に出入りしていたSさんが社会人入試を受験し、無事合格、4月からこの研究室に所属することになりそうです。良かったですね。

l        2003/2: 入試の間隙を縫うようにして、生研機構の次年度計画検討会がありました。国立大学も来年独立法人化がされる予定だそうですが、生研機構は今年10月から独立法人化されるそうです。我々の研究プロジェクトは新しい組織でも引継ぎされると聞きました。ただしそのための事務手続きは煩雑になりそうです。大学の事務の方達が頼りです。

l        2003/2: 年度末はいつものことながら忙しい。M2の3人さんは無事修論を完成し修士号をもらえることになりました。卒研生3人も無事卒研発表を終わり、後は追いコンと打ち上げスキー合宿(狩野研と合同)です。3月末には生理学会に出席予定なのでそんなにのんびりはしていられませんが・・・・・

l        (いつだったかな?)2003/4から、仲村厚志さん(他大学でポスドク中)が助手に来てもらえることに決まりました。脳・神経系の分子生物・生化学が専門です。学生実験などもしてもらう予定です。

l        2002/? (いつだったかな?) 研究補助という名で実験をしてきた岡野さんは、4月から学振の特別研究員になることが決まりました。仕事はここで続けることになってます。

l        2002/11月: 生研機構中間検討会が先日つくば市で開かれました。この研究に携わる学生から教官全員が何らかの発表を行いました。大変有意義な会でした。

l        2002/10: 鹿児島での日本味と匂学会に益子君、加藤君、吉岡さん、村田君と中村で出席しました。発表は3件。特に益子君の発表は村田君の助けがあったおかげではあるものの、4月から始めたばかりにしてはなかなかのものではなかったでしょうか?

l        2002/8: 研究室から数人で筑波大学の神崎研究室を訪問させていただきました。神崎研では周知のようにカイコガを使った実験が進んでおり、大変参考になりました。快く見学させていただいた神崎先生に感謝。

l        2002/8: つくばで開かれた比較生理生化学会に研究室から5人ほど参加しました。主として昆虫関係の情報収集を目的として、発表なしでの飛び入り参加です。中村は徳永先生(阪大教授)の吉田賞受賞のお祝いに出る意味もありました。徳永先生は脳梗塞後のリハビリ中ですが、なかなか味のある受賞講演をされ、お元気です。

l        2002/7:木島博正先生来訪。元名古屋大学教授の木島先生は退官後東京のさる有名私立大学で教えておられます。訪問していただくことができ、いろいろ教えていただきました。引き続きアドヴァイスをいただけたらと、虫の良いことを考えています。

l        2002/7:新しく光学顕微鏡を導入。昆虫唇弁感覚毛の電気生理学専用としました。

l        2002/4:メンバーが大きく入れ替わりました。総員13人ですが、前からいる人がM2の3人と中村だけということになりました。

**************************** 2002年度 *******************************

l        2002/3:2000年に Comparative Biochemistry and Physiology 誌に載せてもらった総説「Cellular and Molecular Constituents of Olfactory Sensation in Vertebrates」 が隔年発行の同誌の別冊”Compendium of Reviews”に、Selected Review のひとつとして収録されました。今回はCDROMなんですが。